ふるさと青汁をためしている

ふるさと青汁

最近健康と美容のために青汁を飲んでいます。
約2カ月でしょうか。
たまに忘れる事もありますが、毎日1杯飲んでいます。

管理人が飲んでいる青汁は
マイケアのふるさと青汁というもの。

ふるさと青汁に決めた理由は、
青汁の臭みがなく飲みやすいという評判だったらからです。
本当に飲みやすく、青汁というより濃い緑茶のような味わいです。
これだと青汁が苦手な方でも飲みやすいと思います。

何故ふるさと青汁を選んだか

先ほどもお話したようにふるさと青汁を選んだのは、
飲みやすい事と、青汁の原料として有名な
●大麦若葉
●桑の葉
●明日葉

が原料として使われていたからです。

青汁で有名なケールという原料がありますが、
それよりの食物繊維が豊富で、
便秘気味の管理人にとって良いと思いました。

また、ふるさとの青汁は有名ですので、
安心感もありましたね。

価格は、管理人は定期コースで申し込んでいるので、
1箱3500円くらいです。
大体1杯当たり100円くらいです。

100円で健康維持が出来るので良いですね。

因みに以下のサイトで選んで購入しました。
実際のレビューが書かれていて参考になりますよ
<レビューが参考になった>ふるさと青汁のガチな口コミや効果

2か月間ふるさと青汁を試してどうだったか?

青汁をほぼ毎日飲むようになって変わったのは、
便通が良くなったことです。

毎日お腹がすっきりしていて老廃物を毎日出せているので、
そのせいかはわかりませんが、肌ツヤもよくなった気がします。
また、若干体重も落ちました。

管理人は朝か夜の食事前に飲んでいるのですが、
青汁を飲むことで食べる量を減らせているのが原因だと思います。

ご飯を食べる前に青汁も飲むとお腹が膨れるので
食べる量を減らせます。
また、油ぽっい物の食べる量も減りました。
やっぱり青汁は飲み続ける事が大切ですね。

いつまで青汁を飲み続けるのか

基本は体の調子が良いと感じている間は飲み続けます。
ただ、こうした物は続けても1年か2年くらいになるような気がします。
(管理人の場合汗)

その時に青汁を止めて体の調子がいまいちならまた続けるという感じでしょうか。

青汁は薬ではないので続けなければ意味がないことはわかっていても、
飽きっぽい管理人は新しい物に目が言ってしまいます。

ただ、しばらくは飲み続けます。

レーザー治療でしみを改善

レーザー

シミを改善するのに最も効果的なのは、
クリニックでのレーザー治療ですね。

お肌への負担も大きく、価格も高いですが、
確実にシミを改善できるので、シミが悩みでどうしようもない方は
レーザー治療が一番良いと思います。

また、現在は家庭用のレーザー美顔器も販売されていて、
そちらでシミを改善することが出来ます。

しかし、あくまでも家庭用ですので、
クリニックのレーザーに比べればパワーが弱く、
お肌に直接的に影響を与えるものは市販されませんから、
効果は限定的です。

ですから、絶対にシミを改善できるという事はいえなく、
改善できる可能性があるとしか言えません。
ただ、シミということに関しては、他の美顔器よりも改善できる可能性は高く、
エステサロンのレーザーとほとんど差はありません。

もし私がクリニック以外でシミを改善するなら、
レーザー美顔器を購入して、
普段使いのコスメは美白美容液を使い続けます。

どのくらいのシミかにもよりますが、
それを続けていれば完全に治るとまでは言いませんが、
目立たないくらいにはなると思います。
もちろん、くすみも同様です。

ポイントは美顔器を使う事です。
美白コスメだけでシミを改善するのは難しいですし、
仮に改善できても一時的なことか、
他の要因で改善できて、たまたまその美白ケアを使ったかです。
出来れば美顔器はレーザー、もしくはイオン導入の美顔器が良いでしょう。

しみに良い成分

美容成分イメージ画像

しみに良い成分つまり、美白系の美容成分になりますが、
ここで紹介してみたいと思います。

●ビタミンC誘導体
●コウジ酸
●ルシノール
●リノール酸
●4MSK
などです。
これらの美白成分を厚生労働省が有効成分として認めているものです。

しかし、成分にこだわりがなければ、
特に美容成分を気にする必要はないと感じます。

実際に美白成分が配合されているからといって、
美白できるかといえばそうとも言えません。
化粧品はあくまでも予防です。

また、化粧品には合う合わないがありますので、
それは成分ではわかりません。
実際に使用感を確かめてはじめて良いのかそうでないのかわかるのです。

さらにいうと、美白コスメの効果を最大限発揮するなら、
美顔器のイオン導入器を使うのがおすすめです。

ビタミンC誘導体のコスメを使えば、
イオン導入でき、お肌の奥までも成分を浸透させるので、
かなりの効果を認めます。

もちろんそれでしみが改善するとは言えませんが、
普通に美白コスメを使うよりは、はるかに効果の高い美白ケアができます。

また、一つ注意してほしいのが、
しみに効く美白成分が配合しているコスメだからといって
100%信用してはいけません。
何故なら、配合量まではわからないから、ほんの少し配合しているだけでも、
配合していると表記できます。
もちろんそれはケチっているわけではなく、
他の成分との配合のバランスもあるので、
仕方のないことでもあります。

ですから、先ほどいったように実際に試してみなければわからないのが、
化粧品です。

シミを隠す方法

シミを隠す方法

シミを改善することは当然今後必要になると思いますが、
隠すという方法もあります。

シミはすぐに改善するわけではありませんので、
応急処置として隠す方法も学んでほしいと思います。

シミを隠す方法は色々あるのですが、
一番手っ取り早い方法は、シミを隠せるファンデーションを使う事です。

正直シミを隠する方法は色々あるのですが、
面倒なことだだと続きません。

例えばシミを隠すメイクを紹介すると、

●化粧崩れが起きないように保湿する
●化粧下地を付ける
●明るめコンシーラーを付ける
●薄くファンデーションを塗る

この4つのステップを行えば、
結構綺麗な感じでメイクができるので、
シミを十分に隠すことが出来ます。

しかし、シミを隠すメイクやファンデーションの欠点は、
強いクレンジング剤が必要になることです。

強いクレンジング剤はお肌を乾燥させて、
肌トラブルを引き起こす原因になります。
もちろん、毎日でないのなら、そこまで心配することはありませんが、
シミはほぼ毎日隠すと思いますので、
お肌への負担はそうとうなものです。

ですから、シミを隠すことは必要ですが、
長い目で見れば、しみを改善する方がお肌にはおすすめです。

美顔器でシミを治す

美顔器使用例

美顔器も美白ケア同様、
シミを直接改善できるとは言えません。
特に市販されている物やエステサロンで使うような美顔器なら、
なおさらそうです。

しかし、通常の美白コスメよりは、改善できる可能性は高いと思います。

シミを改善するための美顔器は、
イオン導入という機能が付いた美顔器を使い、
そのイオン導入というのは、美容成分をイオン化させ、
お肌の奥までも浸透させることが出来ます。

美白コスメに限らず、化粧品をお肌の表面にしか成分が届きません。
よく、成分をナノ化して奥までも浸透させるといっていますが、
表面の角質層までしか、成分が行かないのです。

対して美顔器なら、お肌の奥までも美白成分を浸透させることができますから、
美白コスメよりもシミ改善の可能性はあります。

しかし、だからといって、改善しようと美顔器を使う事はおすすめしません。

このブログの最初にゆったように、医療機関以外のところで使える、
美容器具は全て、お肌に直接強い影響を与えないものです。
脱毛サロンでも結局は市販されているのものと効果はなんら変わりはありません。

ただ、予防や対策に効果がありますので、
特に美顔器の場合、その延長線上でシミが改善できる可能性もあるというだけです。

本当にシミがひどく、それがコンプレックスなら、
美容クリニックに言ってレーザー治療をした方が良いでしょう。
多少リスクはありますが、あれらは、お肌を直接改善してくれますので、
確実にシミが薄くなってきます。

ただ、そこまでひどくない方は、美顔器でも十分に対策できるので、
是非試してほしい器具です。
どういった美顔器が良いのかは以下のサイトをおすすめします。
<おすすめサイト>美顔器ランキング | 効果と人気がある美顔器を紹介

はっきりいって、美顔器の使用後は、
通常のコスメでは味わえない感覚です。

お肌がものすごいぷるぷるしますし、クレンジングだと驚くほど皮脂が落ちます。

また、毎日使うものではありませんので、
贅沢スキンケアとして、大事な集まりや大切な人に会う前に
美顔器でスキンケアをするのもよいと思います。

美顔器を使っているのと使ってないのとでは、
1年後の肌質が全然違ってくると思います。

ただ、多くの方は途中で使うのが面倒になり、
止めてしまう傾向にあります。

美意識が高い方なら使い続けられますが、
そうでもない方は挫折してしまうので、
我慢して使い続ける事が必要です。

普段使いのスキンケアで美顔器はかなりおすすめです。

美白コスメでシミが白くなるの?

美白ケアの方法

顔にしみやくすみができてきたら、
大抵の方は美白コスメを使用しようとします。

果たして美白コスメで、本当に美白できるのでしょうか?

答えは出来る場合もありますが、
基本的に美白コスメは予防や対策なので、
現状のシミやくすみなどは改善できないと考えて下さい。

出来る場合があるというのは、
前のページでお話したように何かのきっかになる可能性もあるので、
できるケースもあるということです。

ですが、シミやくすみを改善するものではないので、
今後シミやくすみにならないように予防するために
使って下さい。

しかし、予防だからといってバカにしちゃいけません。
本来ならシミができないほうが良いに決まっていますので、
シミができるか心配な方は春や夏だけではなく、
1年中顔全体に美白コスメを使うことが必要です。

また、予防という意味では、
美白コスメだけではなく、紫外線対策にUVクリームをつけることも重要です。
これも夏だけではなく、冬でも紫外線を使うことが重要です。

もちろん、年中SPFの強いUVを使う必要ありません。
紫外線の弱い時期は、UV効果のある化粧下地などを使えばよいと思います。

シミは誰にでも起きる可能性がありますので、
普段から予防や対策することは不可欠です。

ただ、気にしすぎて色々なコスメを使うと長続きしませんので、
自分ができる範囲で続けられる美白ケアをして下さい。

スキンケアは、とにかく続けることが重要です。

シミを完全するためのスキンケアって

スキンケアの使用例

まず、普段使っている美容液や化粧水などの基礎化粧がスキンケアだとすると、
シミを改善することは難しいと思います。

そもそも普段使っている化粧品は薬ではありませんので、
何かを改善する事は出来ません。
あくまでもこれ以上悪くしないための対策として考えるべきでしょう。

もっと言ってしまえば、
お肌の何かを改善するということは、人体に何かの影響を与えることですので、
そもそも論として市販される事はありません。

しかし中にはこの化粧品を使って、しみが薄くなったとか、
消えたというケースがあります。
医学的にはありえないのですが、管理人はきっかけを与えたからだと感じております。

例えば、たまたまビタミンC誘導体が不足していて、
それを定期的に与えたことで、美白になってきたとか、

何かのけっかけで(ストレスなど)一時的にしみが出ただけで、
美容液を使った時にたまたまシミが消えたとか
色々な理由があります。

とにかく、化粧品でシミを直接改善することはできないとは覚えておいて下さい。

だからといって、スキンケアに手を抜いてはいけません。
普段使っている化粧水、美容液、乳液などは、
先ほどお話したようにこれ以上悪化させないためには絶対に必要です。

毎日スキンケアをしないとそれこそ、
ひどい事になり、最悪は病院に行かなくてはいけなくなります。

また、体質とかもありますが、
正しいスキンケアを正しい方法で実践していれば、
そこまでひどいシミになることはないのです。

良く美白ケアとか言われますが、
それ以前に毎日のスキンケアがどれだけ大切なのか十分に理解する必要があります。

例えば、洗顔を皮脂を落とす、化粧水を潤いを与える、
美容液は美容成分を浸透させる、乳液やクリームは潤いを閉じ込める
といったようにどれにも意味合いがあります。

もちろん、その使っている化粧品によっても効果が違いますので、
絶対にその効果があるとは言えませんが、
毎日のスキンケアは本当に重要です。

これからシミについてお話しましたが、
なんにせよ、毎日のスキンケアが最も重要なのです。